コロナワクチンを打ったら

厚生労働省のHPより

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/

感染と発症の違い

感染とは

「感染」とは、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入、増殖すること。

発症とは

発症」とは、病気の症状があらわれること

「感染症」とは、病原体の感染により身体に現れる症状=病気のこと

NHKの特設サイトによると

ワクチンには、感染しても重症化したり症状が出たりすることを防ぐ効果だけでなく、感染そのものを防ぐ効果も期待されています。

日本で接種が始まっているファイザー製のワクチンでも、当初の臨床試験では重症化や発症を防ぐ効果が確認されましたが、感染そのものを防ぐ効果もあるのではないかと、検証が続いています。

イスラエルでは世界の中でも早いペースで接種が進んでいて、イスラエルの保健機関やアメリカのハーバード大学などの研究グループが、ファイザーのワクチンの実社会での効果を調べた論文を2021年2月24日にアメリカの医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表しました。

この中では、2回目の投与を受けたあと7日目以降では▼発症を予防する効果が94%、▼重症化を防ぐ効果が92%だったほか、▼無症状の人も含めて感染を防ぐ効果も92%だったということです。

また、アメリカのCDC=疾病対策センターは感染そのものを防ぐ効果についての研究結果を2021年4月2日に発行した週報で報告しました。

それによりますと、アメリカでファイザー製のワクチンかモデルナ製のワクチンの接種を受けた医療従事者など3950人を対象に、2020年12月から2021年3月中旬までの毎週、新型コロナウイルスに感染していないか、PCR検査で確認したところ、2回目の接種後、14日間以上たった人では、無症状の人も含めて感染そのものを防ぐ効果は90%だったとしています。

接種を2回受けていなくても、1回目の接種後14日間以上たった人では感染を防ぐ効果が80%だったということです。

このほか、ワクチンの接種後、高齢者施設や医療従事者の感染が大幅に減ったという報告が複数の国から出されています。


コロナってなに

https://p.ono-oncology.jp/care/covid-19/01_about/01.html

より

今流行っているコロナは、7番目のコロナ

上の表を見てもらえばわかりますが、「風邪」と読んでいるものもコロナ

鼻風邪や、喉の風邪、熱が出る風邪もコロナ

人に感染する7種類のコロナの内、死亡率が高かったため、MERSは広がらなかった

患者数も少ないし、すぐに収束したため費用対効果に合わずワクチンを作るまでに至らなかった

今回、ものすごいスピードでコロナワクチンが出来た。

今まで読んだ資料だと95%の割合で発症しないようです。

感染したとしても発症しない、重症化しないと言うことは、体調を崩したらかかってしまう風邪とほぼ同じ感覚になってしまうんじゃないのか?

お年寄りの方や基礎疾患を持たれている方などが、ワクチンの効果で重症化しない

他の国民もワクチンのおかげで重症化しない

インフルエンザワクチンも中身は毎年変わっている

同じように変異に対応して毎年のワクチンを変えていくでしょう

いろいろ調べたら、ワクチンを打てば、昔から付き合っている「風邪」と同じ感覚で付き合っていけるんじゃないかと思いました

これからどんどん色々な情報がわかってくると思います

ワクチンの持続効果

発症だけでなく感染も防げるか?など、情報はどんどんアップデートされていきます

もう少しです頑張りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です