IDとPWの管理

買い物サイトや、SNS。ログインIDとPWの管理をどうしていますか?

オススメは、Macの標準ソフトの「メモ」を使うこと

パスワードでロックできます。

メモに書き込んだ後、右上の上矢印のついた書類アイコンをタップ

メモをロックをタップ

パスワードを打ち込み終了

Face IDは使用しないがオススメ

ロックされた状態のメモは、パスワードを入れないと開けません

この「メモ」

手元にiPhoneが無くても使えます

iCloud.comにAppleIDとパスワーを入れてログインすれば

この画面。その中のメモは、iPhoneなどのデバイスと共有されています。

iPhoneから書き込んでも、パソコンから書き込んでも即座に反映されて更新されます。

もちろんパソコンから開いてもパスワードを聞いてきます。

安心です

ご活用ください

iPhoneからのプリント

iPhoneで撮った写真。

お店でプリントする場合。

いろいろな方法がありますが、iPhone上に画像がないとプリントできない

自動でiCloud上にアップロードされる設定になっている場合。

iPhone上で見えるのは、サムネール写真であって本体ではない。

コードでPCとiPhoneをつないでも、iPhone上にないのだから表示されない

その場合、iCloudの自分のサーバーに行って保存されている写真画像をダウンロードしてiPhone上に持ってこなければなりません。

Appleに電話で聞きました。

Iphoneからの操作でicloudサーバーから画像をダウンロードする場合

設定の中のiCloudの中の写真。ここのオリジナルをダウンロード。

この操作で写真をダウンロードできます

しかし、個別の写真を指定してダウンロードすることができません

何千枚もiPhoneに入っていたら、とんでもない枚数をかなりの時間をかけて一括ダウンロードすることになります。

iPhone上で写真を個別に表示して、複製を選んでもサムネイルを複製しただけで本体ではない。

必要な写真だけをダウンロードしたい。

方法があります

iCloud.com

にアクセス

Macやウィンドウズなど、インターネットにつながる環境ならどこからでもアクセスできます

Apple IDとパスワードを入れてログイン

この中の「写真」をクリック

ダウンロードしたい画像をクリック。Macならコマンド、Winならコントロールキーを押すと飛ばしながら複数の写真を選べます

選んだら

右上の雲のアイコンの下矢印ついているところをクリックすると、デスクトップや指定したフォルダにダウンロードされます

iCloud上に写真を保存されているお客さんには、店頭のパソコンのブラウザにiCloud.comをブックマークしておいて、直接選んでダウンロードしてもらう。

これが理想の注文スタイルかもしれません

SIMロック

スマホやタブレットに入れているSIMカード。

もしかして初期設定のまま使っていませんか?

上の表は

googleで

iPhoneの盗難対策に!SIMのパスワード「SIM PIN」を設定しよう

で検索しました。


盗まれた、落としてしまった。

スマホやタブレットからSIMカードを抜いて他の端末にセットすれば使えてしまいます。

初期設定のコードは、上に貼った表のように容易に調べることができます。

ぜひこの初期設定コードを変更しましょう。

変更したら、再起動、SIMカードの抜き差しをした時にSIMのPINコードを聞いてきます。

安心です。

変更の方法は

こちらを参考に。

PINコードを3回間違えると電話がロックッされ使えなくなります。

ロックされてしまった場合

https://applinote.com/ios/article/70278

3回間違ってしまった時のロックは、第一段階のロックなので、「PINロック解除コード(PUKコード)」で解除できます。

その方法は、上のリンクを参考に。

iPadの場合、

設定の「モバイルデータ通信」の中の「SIM PIN」で変更

PUKコードの入力は10回まで。

それを超えてしまったら、再発行らしいです。

知っている人が悪用でき、同時に防ぐこともできる。

知らない人、何も考えてない人は損をする。

ぜひ設定しましょう。

ヤフーメール

ヤフーメールのパスワード変更

mac純正のメールというメールソフトでヤフーメールが受信できるようにしています。

パスワード変更したのだから、当然パスワード聞いてくるのですが、新しいパスワードを打ち込んでもダメ。

いろいろ調べた結果。

ヤフーのサイトに行ってメールを開く。

その状態で何度かログイン、ログアウトを繰り返し、再度Macのメールに行き、ヤフーメールのパスワードを打ち込む。

うまくいきました

iPhone6sバッテリー交換

タイトルの通り、バッテリーを交換しました

注文したキットは、アマゾンで売れている2580円のセット

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B073J7SSCT/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

中を開けると


ハズしたネジを入れておくトレーも付属していました。

キットに付属していた説明書もかなりていねい

抜粋します


経験のない女の人が自分だけの力でやり遂げられるほど、丁寧な説明書です

付属している黒のトレーには、ネジの長さが書いてあり、「説明書にもこの場所は、この長さのネジ」と後でわかるように詳しく書かれています。

バッテーリーについているテープが途中で切れてしまったらの対策ページも用意されています。

Youtubeにも動画付きで参考になるものがあるので、かなり簡単にバッテリー交換作業が終わりました。

このキット、オススメです

追記

すきまに差し込んでiPhoneをこじ開けるもの。

リモコンなどにも使えるし、何か専用工具はないかと探しました。

プロは、時計関係の工具を使ったりしているところもちらほら。

近くの楽器屋さんに行くと手頃なものが。

ギターのピック。

厚みが何種類かあって、素材も幾つかあります。

セルロイドよりも硬く、すこし厚めのピックを数枚購入してきました。

1枚百円。

おすすめです。

アメブロからWordPressへ

nurari-hの名前でアメブロでブログを書いています。

現在契約しているレンタルサーバーは、

https://kukuli.linkclub.jp

「くくり」

以前は、リンククラブと名乗っていました。かなり昔にMacを導入した時に一緒にチラシが入っていたので加入した記憶があります。

独自ドメイン、更新料無料、年会費12800円。サーバー容量は100GB。

メールアドレスは、最大100アカウント、1通最大50MB。メールボックス100GB。

SSL証明書も無料。電話サポートも充実。

レンタルサーバーでは、Xサーバーが有名です。36ヶ月プランにすると10800円。

微々たる差なので「くくり」を継続する予定です。

表題に書いたWordPress。この「くくり」もXサーバーと同じように使えます。

サーバーのマイページに入れば、WordPressをサーバーにインストールして使えます。1つのサーバーにいくつもWordPressを入れることが可能です

https://support.linkclub.jp/app/answers/detail/a_id/122/p/3/kw/wordpress

「くくり」では、こんなに簡単にサーバーにWordPressアプリをインストールできますよ

http://www.shinbido.com

ここが契約しているHP。このshinbido.comにWordPressをインストールします

今あるものに横並びのように新しくディレクトリを作るようです。

http://www.shinbido.com/wp

一つのディレクトリにWordPressをインストールしてまた新しいディレクトリを作る

http://www.shinbido.com/nurari-h

スラッシュの後に好きな名前をつけて何個も作れるようです

SSL証明も無料なのですぐに利用しました

https://support.linkclub.jp/app/answers/detail/a_id/127/p/3/kw/let

丁寧でわかりやすいですよ

アメブロからWordPressに移行。

ネットで調べると沢山出てきます。

僕は、Mac使いなので黒い画面で文字を変えて内部をごちゃごちゃするWinみたいなことはやりたくない。

いろいろ探して見つけたページ

詳しくはこのページを見て貰えばわかるのですが、かなり難しかったです。

アメブロからFC2ブログへの移行は、とても簡単。

FCブログからデータバックアップで記事をテキスト形式でとりだすもの簡単

この方は、画像データをMacに標準で入っている「Automator」というソフトとサファリブラウザで取り出す方法を書いていますが、うまくいかなかったので、結局、ウィンドウズでFC2ブログの管理画面に進み

この方のように「名前をつけて保存」で画像を取り出し、画像のみを「image」フォルダを作ってまとめておきました。

上の画面に進み、書き出したテキストファイルを訂正します

Macは、初めから「UTF-8」なので気にすることはないようです

「iText Express」をApp Storeからダウンロードします

とても不安定なソフトです。「mi」の方が良いかもしれません。安定しないので「mi」を使うまでは、「iText Express」を何度も強制終了して削除し再インストールしながらだましだまし使いました。

取り出したテキストと画像リンクをどうにかしなければいけません。

上の方のようにしましたがどうやってもうまくいきません

「FileZilla」という無料のFTPソフトがとても役に立ちました。

このソフトを起動してユーザー名やパスワードを打ち込みログイン

「くくり」には、「FileZilla」の使い方も詳しくサポートしてますよ

https://support.linkclub.jp/app/answers/detail/a_id/119/p/3/kw/FileZilla

実際のFileZillaの画面を出しています。

左側は、Macの中身。デスクトップにある「image」というフォルダを選んでいます下にその中に入っているリストが出ています

右側は、自分の与えられているサーバーの中。

三角形をクリックしていくと、どんどん下の階層に。

/httpdocs/nurari-h/wp-content/uploads/image

こんなアドレスになってます。www.shinbido.com/の後に作ったnurari-hというフォルダの中にwp-contentというフォルダがあり、その下にuploadsというフォルダがあります。その中に左側のリストの中のimageフォルダをドラッグアンドドロップしました。

その結果が上の写真です。

さてFC2ブログからダウンロードしたテキストファイルの画像部分をどう置換するか?

紹介した「いち歩」さんの方法ではうまくいかなかったのでアレンジしました

テキストファイルの中の

https://blog-imgs-124.fc2.com/n/u/r/nurarih/blog_import_5c63c46ca02cc.jpg

この中の

https://blog-imgs-124.fc2.com/n/u/r/nurarih

これを置換し置き換えます。置き換える内容は

/httpdocs/nurari-h/wp-content/uploads/image

を改造して

http://www.shinbido.com/nurari-h/wp-content/upload/image

これでうまくいきました。

WordPress本体の機能で画像をアップする方法もありましたが、4000枚以上あるのでうまくいきません。WordPressの機能を使ったアップでないのでメディアから画像を見ることもできませんが、きちんと記事に反映されていました。

その他の細かなことは、気にしないことにしました

コメントなど重複していましたが、面倒なのでWordPress上で消しました。

テキストをインストールするときに「Movable Type and TypePad」というツールを使うのですが、何度か途中で止まってエラーしてしまうのですが、少しづつ記事がアップされていました。このツールの説明の中に「このツールは優秀だから何度アップしても重複しない」何てニュアンスのことが書いてあるのでだましだましアップして完了しました。

WordPress

ブログ用のページだけで何百もあります。

どれに変えても内容や体裁は。きちんと整えられます。

BINDを使ってHPを使っています

https://bindism.com

バインドイズムさん。バインドを使ってHPを作ってくれます。

料金も格安です。

綺麗でSEOも考えたHPを作ってくれて、更新は、お客さんがするので毎月課金など無い。

プランによって58000円から168000円まで。

ここはXサーバーを推奨しています。

忙しいお店や企業は、こちらにお願いしてHPを作ってもらうう。

そして更新は自分で。

あまり更新の必要の無いページは、バインドで作り、お客へのアピールや告知は、WordPressでのブログを使うことを推奨されているようです。

https://bindism.com/catering.html

出張HP作成ということもされています

旅費の負担をすれば地方にも来てくれます

オススメです

iPhoneの液晶パネルとバッテリー交換

色々調べてみました。

appleで液晶パネル交換をした場合

これは、apple careに入っていない場合で保証期間外の価格

バッテリー交換は、

2018年の12月31日まで3200円(税抜き)

それ以降は、8800円(税抜き)

 

iphoneの液晶パネルの交換方法は、ネットを検索すればたくさん出てきます。

その部品もアマゾンでたくさん出てきます。

 

iphone7で調べてみると、3000円前後で交換パネルが専用工具付きで売っています。

 

しかし、色々調べると交換用の液晶パネルには幾つかあることがわかりました。

 

完全なコピー品。

これは安い。

しかし、上のガラス部分、下の液晶部分も含め純正品でないため使い慣れた人からは不満があるらしい。

「非正規パネルを使用していた時には実際にタッチの反応の悪さ・遅さというのは肌で感じる。」

「液晶の色合い」

「液晶の鮮明さ」

 

再生品

これは、フロントガラス部分だけを替え、液晶部分は純正を使っているもの。

 

一般には売っていない業者

アイキングモバイルさん

http://www.ismakei.com

ここで調べると、

iphone6Sの液晶パネルが、5800円税抜き

iphone7の液晶パネルが、7800円税抜き

 

交換方法を紹介するページを見ていると、iphone6sから防塵、防水パッキンシールが中にシールされています。

この存在が面倒らしく、開けるときにコツを要するようです。

そのまま取り除いて使っている人が多いらしい。

もちろん、appleで交換したら新しいパッキンを施してくれると思います。

交換業者の中には、閉じるときに再度パッキンをつけてくれるところもあります。

 

これを先ほどのアイキングモバイルさんで売ってます。

上の写真は6S用で、140円

これが7用で140円。

どれだけ調べても、ネットで交換した人は、分解時についていたこのパッキンを取り除いてそのまま新しいものを取り付けずにいる人が多いです。

アマゾンで購入できないか調べました。

 

For iPhone 7 液晶パネル交換 ステッカー 防水 フレーム接着剤 スクリーン LCD 接着 フロントパネル用シーラントグルー 2枚 (ホワイト)

 

この検索ワードで、ヒットします。

各iphone用のパッキンを選べます。

送料無料で260円です。

 

バッテリーの交換。

PSEに合格していて、交換するときに必要な工具がセットで揃っているもの。容量アップしたものもあります。

アマゾンで

 

〈これだけで完結セット〉 iStarke Kraft iPhone交換用PSEバッテリーと工具一式、説明書 (iPhone7)

 

で検索すると2400円

調べると6sで2200mAhまで容量を上げたものもあります。

 

調べると純正の元々の容量は?

iphone6Sは、1,715mAh。

iphone7は、1,960mAh。

 

液晶は純正の再生品を購入。

しかし、専用工具セットはついていない。

おすすめは、バッテリー交換時にセットで交換キットものを購入。

液晶は部品のみを購入が良いかと思いました。

 

先ほどの、アイキングモバイルさん。

法人でも、個人事業主でも売ってくれるようです。

 

個人で再生品を買えるところがないのか調べました

色々調べましたが、無いです。

ヤオフクで売ってますが、高評価もあれば悪い評価もあり。

 

どこまでを修理業者とみなすのか?

個人事業主なら、税務署に。

法人なら法務局に届出を出しているのがサラリーマンとの違い。

 

メールで質問していました。

「アイキングモバイルさんは、業者相手専門の会社ですか?
個人でも購入可能ですか。」

返事が来ました

「個人様でもアイキングモバイルのご利用いただけます。」

 

よかったです。

 

ご利用ください。

 

先日ブログで、2018年12月31まで3200円と消費税でバッテーリー交換ができると書きました。

しかし、調べると今回のようにもっと安く交換できることがわかりました。

手先が器用ならオススメです

 

 

 

 

 

iPhoneのバッテリー交換 3456円 再々追記あり

スマホを買うか?

買うなら息子のお古もらって新品を息子にあげるか?

バッテリーの劣化の話をしていて調べるとお得な話が。

12月31日までなら3456円で交換してくれる。

詳しい話はこれから書きます。

 

とりあえずiOS11.3からiphoneの電池を管理制御できる診断機能が追加。

「バッテリーの状態」

https://support.apple.com/ja-jp/ht208387

 

そしてバッテリーの交換について

http://www.macotakara.jp/blog/support/entry-34074.html

こちらで詳しく書いておられます

対象は

て、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

 

iPhone本体保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換対象となり、そうでない場合は3,200円(税抜)で有償交換となります。

 

通常通りバッテリー診断は実施されますが、その結果は今回関係無く交換可能になります。

持ち込み修理の場合は、Apple Store 直営店か、Apple 正規サービスプロバイダに予約の上、修理の必要なiPhoneを持ち込みします。

配送修理の場合は、指定の配送業者がすぐに集荷し、1週間ほどで修理済みのiPhoneが届きます。

この対応は2018年12月まで全世界で継続され、1回のみプログラム適用となります。

 

3200円と消費税の3456円で新品のバッテリーに変えてくれるのでお得です。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

 

https://itunes.apple.com/jp/app/apple-サポート/id1130498044?mt=8

 

まずは「Appleサポート」というアプリをiphoneにダウンロードしましょう

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/25/news061.html

 

そこから、持ち込みや、配送などを選び申し込むことが可能です。

 

持ち込みには予約が必要で、ネットの書き込みでは2時間くらい待っていたら受け取れたなども見受けられます。

 

準備が大事です。

バックアップをしておかなけらばなりません。

ここが詳しいです

http://appllio.com/iphone-data-backup-restore-itunes-icloud

 

icloudを使う方法とiTunesを使う方法があります。

icloudは5GBまで、それ以上は課金して枠を広げる必要あり

iTunesならパソコンの空き容量次第。

 

LINEのトーク履歴を引き継ぎたいときは?

iTunesバックアップの時に暗号化しておかないとLINEのトーク履歴はバックアップされない。

念のためLINEのトークをicloudにバックアップしておく方法も上のページにリンクされています。

バックアップ時には熟読をお勧めします。

 

ここで一番問題なのは、連絡先のこと。

https://ameblo.jp/nurari-h/entry-12273564808.html

 

ここで詳しく書いてあります。

自分が今どのような状態にあるのか?

https://www.icloud.com

ここにパソコンからログインして連絡先の中を確認し

iPhone上の連絡先と比較してください。

iphoneには、たくさんあるのに、icloud上の連絡先には少ししか出てこない。

この原因は、どのメールに紐付けされ登録されているかの違いです。

gmailに紐付けされている場合、icloud上の連絡先にはバックアップされていません。

iphone上の全ての連絡先を強引に統一し、vCard形式で書き出し、統一したものを読み込むという作業が必要です。

 

itunesでデバイスを管理している人は当たり前かもしれませんが、iphoneオンリーの人は勉強が必要かもしれません。

 

バッテリーの交換だけしに行ったのに、他の部分の修理も必要ですと高いお金を言われた書き込みもみます。

注意しましょう。

 

 

追記

実際に電話をかけて聞いてみました。

地元が富山なのでカメラのキタムラ掛尾店

事前に予約を入れていった場合。

 

事前にバックアップ。

Apple IDとパスワードを調べておくこと

 

30分から40分で交換終了。

 

もしかしたらデーターが消えてしまうかもしれない。

消えてしまったパターンもある。

逆に言うとバッテリー交換したあともそのままの状態もある。

 

さらに追記

液晶パネルの交換について検索していたら工具がセットで

3000円前後で売っている。

交換の仕方は、ネットに詳しく書いてあります。

バッテリーの交換は、やはり工具付きで1500円前後。

かなり不器用な人以外ならできそうなレベルです。

日々勉強になります。

 

 

バックアップの大切さ

Mac使ってます。

先日、息子がMacのアップデートをして再起動。

途中で止まって電源が落ちる。

呼び出されて確認。

起動音が鳴ってからすぐにリンゴマークが出て下にバーが出る。

そのバーの途中でぷつんと電源が切れる。

ネットで調べると同じような現象がたくさん出てきました。

いろいろ試しても結局だめ。

仕方なく、コマンド+R(リカバリーモード)で起動。

このような場面が出ます。

一番下のディスクユーティリティを選び、内臓HDをチェック。

そして再び起動。途中でぷつん。

再びコマンド+R。

もうあきらめOSXを入れ直そうと思い上から2番目の

OS Xを再インストールを選択。

内臓HDがSMARTエラー。

SMARTエラーって何?

 

SMART とは Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology の省略で自己診断機能です。劣化をカウントしていって許容量を超えるとエラーとして表示します。表現を変えれば「ボロボロになったので故障は時間の問題」という極端な話だったりします。誤診はなく間違いはありません。

 

何もできない状態。

なので内臓HDの交換を思いつきました。

ネットで交換方法などを調べ、パソコン店に行き2.5インチのHDDを購入。純正が500MBなので1TBの東芝のHDDを6500円ほどで購入。

今回の機種は、Mac mini 2011バージョン。

簡単に交換できました。

ネット上ではいくつか取り外しの方法が載っています。

内臓HDを取り出すとき、ロジックボードをずらさなくても外せました。

http://www.milehigh.sakura.ne.jp/mini/41_2012hdd1/late2012hdd1.html

 

その時にショップの店員さんにHDDはどれくらいもつのか?と質問。2年から4年でしょう。

しかし、家にあるTV録画用のHDDはかなりもっている。

ネットで「HDD 寿命」で調べると、

 

HDDの平均寿命は、ブランドやタイプ、サイズ、インターフェース方式など多くの要素で変わってきますが、およそ4年が平均と考えてください。オンライン・バックアップサービスを提供する「Backblaze」が、自社で使っているHDDを調査したところ、約80%が4年間持ちこたえていることがわかりました。それはもちろん、20%が4年以内に壊れたということであり、そのほとんどは3年目で動かなくなりました。 

また、使っているHDDのブランドによっても違いが出てきます。例えば、Backblazeのテストでは、Seagate製のHDDは、Western Digitalや日立のものに比べて頻繁に壊れています。このテストの結果をもっと知りたければ、4万1000件のHDDに関する生データが公開されています。

 

なのでバックアップは必要。

過去にバックアップについて取り上げました。

http://ameblo.jp/nurari-h/entry-12197292919.html

 

Macに標準で付いているバックアップ機能

「Time Machine」

簡単に過去に戻って個別のファイルや全体を復元できます。

 

話は戻ります

内臓HDを交換後、マックをコマンド+Rで起動。

「OS Xを再インストール」を選択。

内臓HDが表示されない。

戻って、

「ディスクユーティリティ」で交換した内臓HDをフォーマット。

認識したのでOSXを再インストールを選びインストールしました。

購入時のOSXのバージョンなのか、OSXの7の10.7がインストールされます。

その後、バージョンを上にあげようといろいろ試しましたが結局最新である10.12を選ばなけらばならない。

 

もし、「Time Machine」でバックアップしていたなら、上から1番目の「「Time Machineバックアップから復元」を選べたと思います。

 

今回は、Mac mini 2011だったので交換できました。

この機種は自分でメモリーも交換できる機種。

しかし、現行のMac miniは自分でメモリーを交換できません。

 

Mac mini (Late 2012)

メモリ交換可能

内臓HD交換可能

 

Mac mini (Late 2014)

メモリ交換不可能

直接半田付けされているようです

内臓HD交換可能

https://www.ifixit.com/Guide/Mac+Mini+Late+2014+Hard+Drive+Replacement/32815

 

http://gigazine.net/news/20141022-mac-mini-late2014-teardown/

Fixit製の「TR6 Torx Securityドライバー

単純な星形でな真ん中に穴が空いているタイプ

そして、本体からロジックボードを外すのにかなり苦労するので

Mac miniのロジックボード取り外しのためだけに開発されたというiFixit特製の「Mac Mini Logic Board Removal Tool」でロジックボードをホジホジ。

これも必要だと思います。

アマゾンで6230円。

 

外付けHDを買ってTime Machineでバックアップをおすすめします。

1TB以上で据え置きHDDで検索すると出て来る

MARSHAL USB3.0 1TB MAL31000EX3-BK

アマゾンでの書き込みを見ると、リファービッシュ品、つまり再生品。そして評判も良くない

他のものがオススメです。

 

バックアップは必要です。

集合写真の修正テクニック

撮影後の集合写真。

簡単なものでは目つぶりの修正。時には人物の入れ替え。

 

数枚撮った写真から元を決めます。

そして入れ替えたい目を他の写真から持ってきます。

 

選択。新規ー選択範囲をコピーしたレイヤー。

そしてレイヤーパレットに出来た切り抜いたレイヤーを修正したい人の上に載せます。

透明度を変えて正確に位置決め。

その後は、消しゴムツールの質や大きさを変えながら削ってなじませ入れ替え作業終了。

 

今回紹介したいテクニックは

「ヒストリーブラシ」

そんなこと常識だろなんて方は読み飛ばしてください。

知らなかった方への情報共有を目的としています。

 

どんな使い方をするのか?

選択。新規ー選択範囲をコピーしたレイヤー。

そしてレイヤーパレットに出来た切り抜いたレイヤーを修正したい人の上に載せます。

透明度を変えて正確に位置決め。

ここまでは一緒。

ヒストリーパネルを開きます。

ここには今まで行った経歴が時系列で順番に並んでいます。

ヒストリーのラインナップに「移動」という項目ができていると思います。

「ヒストリーブラシツール」を選びヒストリーパネルにある「移動」の左横の四角をチェック。

アイコンがついたと思います。

ここから作業開始。

消しゴムツールの質や大きさを変えながら削ってなじませ入れ替え作業をいつものようにします。

「消しすぎてしまった場合」

消しゴムツールの上にあるヒストリーブラシを選択。

回復したい消してしまった上をなぞってください。

「元に戻ります」

人物総入れ替えの場合。髪の毛の輪郭をくりぬくように消しゴムツールで消した後、

このヒストリーブラシを使ってギリギリまで復元し「ギリ」をせめることができます。

そんなこと当たり前じゃんと思う方もいるかもしれませんがご容赦を。

 

自分の為のメモを兼ねて記載しました。