USBの差し込み方

差し込み方でUSB2.0として接続されるかUSB3.0として接続されるかが決まるらしい


USB 3.0のType-Aコネクターは、互換性を保てるよう、USB 2.0コネクターの根元に3.0用の端子(ピン)を追加したもの。

このため、接続先に奥まで差し込んで初めて、接続先のPC等にUSB 3.0デバイスだと認識されます。

しかしゆっくり差した場合、根元まで入る前に、接続先の機器は先端のUSB 2.0互換端子部分で状態を判断。

接続されたのはUSB 2.0デバイスだと認識してしまうわけです。


知らなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です