お酢ドリンク 追記あり

健康のために酢を飲むこと。

ミツカンがCMでブルーベリー黒酢を宣伝しています

http://www.mizkan.co.jp/kurozu-drink/

行政から機能性表示食品として認められているようです

6倍希釈した500mlを朝晩2回に分けて12週間飲み続けた結果が上の表。

実際に6倍希釈のものを購入し飲んでみました。

コップに氷を入れ原液を注ぎ、水を加え自分にとって丁度良い薄さに。

氷が溶けてさらに味が薄くなっても美味しい。

食事の後に飲むと口の中がさっぱりしてとても気持ちがいいです

http://movie.mizkan.co.jp/category/videos/すべて/video/6048149717001/#id/6048149717001

できるならなるべく安く飲みたい

調べると業務用が出ています

ビネグイットシリーズ

https://www.mizkan.co.jp/prouse/features/vineguitto/

代表的な商品である「ビネグイットまろやかりんご酢ドリンク(6倍濃縮タイプ) 1000ml」

アマゾンで1本708円。2000円以上の注文で送料無料

6倍希釈なので1本1Lが6L相当で708円

かなりお得です

実際に体に取り入れることのできる酢の量を電話で聞いてみました

一般家庭用のりんご黒酢(宣伝しているブルーベリー黒酢も同じ)

60ml(希釈後360ml)で食酢の主成分である酢酸が750mg(目安で酢大さじ1杯15g)

一般家庭用まろやかりんご酢はちみつりんご

90ml(希釈後540ml)で食酢の主成分である酢酸が750mg(目安で酢大さじ1杯15g)

業務用のビネグイットまろやかりんご酢ドリンク(6倍濃縮タイプ) 1000ml

こちらは、機能性表示食品の申請はしていないようなので表示の仕方が違います

30ml(希釈後180ml)で食酢の主成分である酢酸が9ml(目安で酢小さじ2杯10g)

わかりやすくまとめると原液30mlあたり

りんご黒酢 酢7.5g

まろやかりんご酢はちみつりんご 酢小さじ1杯5g

ビネグイットまろやかりんご酢ドリンク 酢小さじ2杯10g

(酢に含まれている酢酸の量と酢の量は同じでは無い)

一般家庭用は、飲みやすくするため酢を少なめにしているそうです

健康のために習慣を


追記です

酢や梅干しは、体内に入るとアルカリ性に変わります

逆流性食道炎の人は、胃酸で胃が荒れる。酸性が強い状態

酢は、アルカリ性食品なので安心して良いそうです


無くなりかけたので追加でアマゾンに注文しようとしたら値段が上がっていました。

安く買えて送料無料なところは、ヨドバシカメラです

ビネグイット まろやかりんご酢ドリンク6倍濃縮タイプ

772円。ポイントで10%還元されるので

実際は、694円税込み送料込み


ちょっと高くなるけど

ビネグイットりんご酢柑橘ミックス(6倍濃縮) 1000ml

966円。10%還元で869円。

6倍希釈だから、6000mlで869円。

200mlあたり28.96円。

ビネグイットまろやかりんご酢ドリンク

ビネグイットりんご酢柑橘ミックス

比較するとわかりますが、柑橘ミックスのほうが、食酢の量が多い

エネルギーも炭水化物も柑橘ミックスのほうが少ない。

柑橘ミックスのほうは、いろいろな果汁を入れたおかげで酢を多く入れることが可能になった(気にならなくなるため)。おそらくりんご酢のほうが他の果汁に比べて炭水化物が多い?

なのでこの結果かと推察できます。

少し高いだけなので柑橘ミックスも冷蔵庫に常備して、夏休み期間中の子供のためにお酢を摂る習慣を!

この書き込みをしてから毎日、朝一杯180ml。夜の食後360mlを飲んでいます

体重が1.5kg減りました。

食後に飲むと口がさっぱりして気持ちがいですよ。

夏のうだるような暑さの中、酸っぱくてさっぱりしたお酢ドリンクは、こころもリフレッシュしてくれます。

コメントを残す