スプレーのり

写真と何かを接着するときに使うスプレーのり

資料を添付します

写真の世界でよく使うのは、スプレーのり77というタイプ

3Mの技術の人に教えてもらった情報では、

スプレーすると、溶剤が蒸発する

そして塗布した部分に食いつく

片面だけスプレーした場合は、上の資料のように15秒から1分の間にはり合わせる

両面の場合

スプレーしてから30秒から10分の余裕がある

スプレーしたら、塗布面に接着成分が張り付き、スプレー成分の中の溶剤が蒸発し、やがて手につかなくなるまで乾く

もう一方のはり合わせる方も同様に

その状態なら圧着しない限り、何度でも貼り直しができる

接着成分同士は相性が良いので乾いた状態でも、その後圧着して何時間も経てば化学反応を起こし

接着成分同士がくっつく仕組み

メモとして記す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です