ビーフステーキの焼き方

せっかくの美味し肉なのに焼き方が下手だと台無し。

NHKのきょうの料理ビギナーズで

「上手に焼こう!ビーフステーキ」

12月23日までTverで視聴することができます

https://tver.jp/corner/f0043082

そのままだと消えてしまうので文字にして残します

1.両面に塩を高いところからふる

2.コショウをふる

3.サラダ油とバターで牛肉を焼く

4.火は、中火

5.盛り付けるときに表にする面を下に焼きはじめる。綺麗な焼き色は最初に焼く面につく

6.時々肉を持ち上げ、油を下に流しながら焼く

7.1分半ほど焼いたら返し、同様に焼く。

8.肉の厚みで焼き時間を微調整

9.ここから肉を柔らかく仕上げるひと手間

器に盛り、ラップをせずに電子レンジに入れる

200Wで1分

自宅の電子レンジで調べてみましたが、200Wは解凍で使用されているモードでした

低温調理に使われるとテレビでは言っていました

こうすることで中まで程よく温まりますよ


記憶では、プロの料理人は中がレアでも、生焼けでなく、きちんと火を通しています。金属の串をさしたり温度計を入れたり、温度を確かめたりしていました。

これが電子レンジの200Wを使って実現できます

そういえば、シブガキ隊の薬丸が外でバーベキューをしてもてなす番組がありました。

彼は、ジップロックに常温に戻した熟成した牛肉を入れ、ストローで中の空気を吸い出し、密封状態をつくり、そのまま、お湯の中に入れしばらく煮ていました。

そうやって、レアなのに中の芯までしっかりと火が通った状態を作り上げ、その後、香ばしさが出るように焼き色をつけ両面を焼く。

理にかなっていました。

電子レンジの解凍モードが200Wで低温調理だったとは。

また一つ賢くなれました。

コメントを残す