アガーでゼリー

液体を固めるのに使うものは

ゼラチン

寒天

アガー

ゼラチンは、

ゼラチンは、牛や豚の骨などから抽出される動物性たんぱく質の一種「コラーゲン」から作られる凝固剤

寒天は、

寒天とは、テングサやオゴノリといった海藻から抽出される凝固剤です。凝固力が強く、わずかな量でも多くの液体を固めることがでる

海藻なのでダイエットにも良い

アガーは、

アガーは、スギノリ・ツノマタなどの海藻から抽出物する食物繊維や、マメ科の種子から抽出する多糖類が主体の凝固剤

数ある凝固剤のなかでも透明度が格段に高く美しい光沢があります。無味無臭であることも使いやすい要因のひとつで、常温でも固まるという性質を持つ


おすすめなのが「アガー」

多く入れすぎると固くなってしまう寒天に比べプルンプルンして食感が良い


かんてんクックは、どこのスーパーにも置いてあります

それを作っている会社

伊那食品工業

ここがアガーも作っています

中身は同じだと思うのですが

生協で扱っている

コープアガー

JFDA全日本外食流通サービス協会

ジェフアガー

地元のスーパーマルシンで300gで520円

伊那食品工業の

イナアガー

パッケジーの裏を見ると伊那食品工業と書いてあるのでどれも中身は同じだと思います

使い方は簡単

アガー:砂糖:液体

1:5:50

アガーはダマになりやすく、ダマになってしまうと加熱してもなかなか溶けないことはあるので、あらかじめお砂糖とよく混ぜてから液体に加えるのがポイント

溶ける温度は90度以上

常温で固まる

アガーは、秤で測りましょう

鍋に液体を入れて沸騰してから少しずつ砂糖と混ぜたアガーを入れ溶かす

ダマになりやすいです


アガーを使った牛乳寒天

アガー10g

砂糖50g

牛乳500mlまたは水200mlと牛乳300ml

ダマになりやすいです

少しずつ溶かし、沸騰してから1〜2分そのままにして完全にアガーを溶かします

後で液体を足す場合、それが冷えていたら加えたら固まります

なので温めておきます

その後、コップやトレーに入れて固めた終わり

好みでカルピスやバニラエッセンスを加えるのも良いです


甘さを抑えたコーヒーゼリー

水にインスタントコーヒーを溶かす

いただいたドリップ式のコーヒーを使う

それに上の割合でアガーと好みの甘さになるように砂糖を。


ジュースでつくるプルプルゼリー

白桃の紙パックジュースで作ってみました

白桃のジュースを沸騰させるのが嫌だったので

アガー10g

砂糖30g(ジュースに甘さがあるので)

水200ml

白桃ジュース300ml

水を沸騰させアガーと砂糖を溶かし2分ほど沸騰

白桃ジュースは、沸騰したお湯につけ温めておく

2分ほど沸かして完全に溶かした鍋に温めた白桃ジュースを入れて素早くまぜる

容器に入れて冷蔵庫へ


なんでもぷるぷるゼリーになります

砂糖の量も少ないので食後のデザートにも最適

お試しください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です