自動ドアの鍵を交換

母親が自動ドアの店側の鍵のつまみが固くてペンチで開け閉めしている

そのせいでボロボロ

鍵の交換を頼んだら高そう。

自宅の鍵も自分で直したのでこの自動ドアも自分で直そうと思う

自宅の鍵は、動きが悪くなったので油のスプレーをしたら、しばらくするともっと悪くなったので

エタノールの中に全部漬け込んで油ごと汚れを流したら復活。

軽くなります

自動ドアの話

レールに吊られている状態だからネジ少し回せば外れるだろうと簡単に考える

ネットで調べても自動ドアの外し方は載っていない。

とりあえずチャレンジ

なんとか外し、鍵の型番を調べ、交換品を注文した。


交換作業と同じ作業なのでここでまとめて解説します

鍵を差し込む部分をシリンダー

つまみを回す部分をサムターンと呼びます

今回の鍵はGoalのAG

B型の39.5〜44のタイプ

シリンダーとサムターンの組み合わせのAG-5

購入しました

上のネジを2本外しカバーを外します

左側のネジとカバーの間に小さい金属の板が、かませてあります

隙間を完全に閉じてしまうと赤外線が中の機械部分に届かず反応しません

次にベルトを外します

この状態でドアを持ち上げたんですがどこかが引っかかってる

左右の2箇所のネジで止まっている小さな滑車。

外すと簡単にドアが外れます

こんな感じでレールに吊られているだけです


ここから鍵取替え

2箇所のネジを外しプレートを外します

このプレートに会社名と型番が記載されています

この鍵本体の下の部分のネジ。錆びていてとても固くて回らない

ネジザウルスを使って強引に回してなんとか外しました

万能なGTがオススメです。

買って損はないです

アマゾンでGTはキャップ付きで1789円


鍵の交換品に新品の取り付けネジが付属していました

新しいものを付属の新品のネジで取り付け

内側の2本のネジは、シリンダー固定ネジ

この2本のネジを外して、シリンダー、サムターンを引き抜いて外そうとしても抜けません

上の写真の固定ネジをつついてみると、くるっと回転してシリンダーなどが抜けました

鍵本体部分を自動ドアに固定したあと、シリンダーを差し込み、上の固定ネジを細いものでつついて表に出し

ネジで固定

サムターン部分も同様に取り付け固定

シリンダーを差し込みいろいろやってもスカスカ抜けてしまう。

取り付けた状態で鍵を差し込んで回したり固定ネジをドライバーで強く締め付けたりいろいろしていたら

うまくいきました

化粧板を取り付け終了


自動ドアの取り付け

まず、下を溝にはめます

上はこんな状態

よいしょっと持ち上げてレールに白い滑車を載せます

ベルトを取り付け、固定の小さな滑車部分を2箇所取り付け、外れないようにします

そしてカバーを取り付け

赤外線が通る側の左側に小さな金属板をかませて隙間を作るようにネジで締め付け終了


かかった費用は、8910円

やればできるです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です