新型コロナ対策にはエアコン

エアコンを夏の期間しか使わない人もいます

しかし、その空気清浄機能には優れたものがあります

ダイキン

空気清浄機脳だけを使った場合、電気代は1時間1.35円〜2.7円

24時間運転しても32.4円〜64.8円

電気ショックで、エアコン内部に入ってきた空気をきれいに除菌します。


パナソニックは、ナノイーX

同じく、空気清浄機脳だけの運転にして電気代は、24時間で7円。

「ナノイー X」は、空気中の水に高電圧を加えることで生成される微粒子イオン

空気中の水分でナノイーXを作り、エアコン内、部屋に放出し、帯電させ菌を殺す仕組み。

目に見えないので効いているかどうか信じるしか無いようです。


ダイキンの方が、電気代が高いのは、積極的に電気放電しているからです。


シャープは、プラズマクラスター

プラズマクラスターイオンが、気流に乗ってお部屋に広がり、空気をきれいにします。電気代も1時間あたり約0.5円※1と経済的で、オフシーズンや大掃除の仕上げなどに役立ちます

こちらもパナソニックと同じで、エアコン内で作ったプラズマクラスターイオンを放出するしくみ。

電気代もパナソニックとほぼ同じですね


色々なメーカーが、様々な方法を採用しています

空気清浄だけの運転なら電気代は安いので、24時間運転オススメです

コメントを残す