メガネ拭き

カメラのフィルターやメガネを拭く時に使う布

メガネの表面には細かなチリやホコリが付着しています

そのままゴシゴシ拭くと、どんどん目に見えない傷が増えていきます

ブロワーなどの風で表面のヨゴレを弾き飛ばす

または、水、エタノールで軽く拭く

柔らかい布で力を抜いて表面を軽くなでるように拭いてから、その後、本格的に拭く


メガネを購入した時についてくるメガネ拭きやサービスで配られているもの、100円ショップで売っているメガネ拭き

代表的なのは、トレシーと呼ばれるマイクロファイバーの素材

表面がすべっとしていています

これでメガネを拭いても、レンズの表面の油汚れを伸ばしているだけ

何度か拭くと綺麗になりますが、明らかにメガネのレンズに負担がかかっているのがわかります


以前、iPhoneの表面にフィルムを貼る時についてきた起毛の小さな布が優秀

一発で綺麗になります

調べてみました

「ベリーマX」

アマゾンでベリーマXで検索

モーリスの30cm40cmの大きさの起毛の布の評判が良い

1120円

ベリーマX素材のクロスです。2〜5ミクロンの極細繊維で塗装面にダメージを与える事無く、繊維落ちもありません。何度も洗えて繰り返し使用できます

その後調べると。エレコムやサンワサプライ、写真用品のKingからもベリーマXを使ったクリーニングクロスを販売しています

洗って繰り返し使えます

いろいろ調べた結果、一番安いのがアマゾンで

エレコム クリーニングクロス 超極細繊維 Sサイズ クリーナー マイクロファイバー 水性/油性汚れ対応 強力 ウォッシャブル 【日本製】 グレー KCT-007GY

S・M・Lサイズがあります

買ったのはSサイズで税込400円

上の写真の右に写っている布は、いつも使っているもの

起毛のメガネ拭き

使えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。