ガソリン携行缶への給油

赤のガソリン携行缶、携帯缶への給油は、勤務する乙四の資格者がガソリンスタンドで行わないといけない

セルフのスタンドにも資格者がいますが、やってくれません

現金価格に上乗せされて結構高い金額を支払います

除雪機や、草刈機などに必要です

何に使うのか?住所名前も記載し、免許証の提示も必要

ガソリンスタンド側は、法律に基づいて誰にいつ何時に売ったか記録の義務があります

とても良心的で安いところを見つけました

富山県富山市のアピアの近くのENEOSさん。

セミセルフということになっています

12月25日でリッター156円でした。

普通に現金での車への給油と同じ料金です


ついでに危険物の乙四のことについて

危険物は全部で6種あります

その中で一番人気なのが乙種第4類引火性液体

資格を持っている人や、勉強したことのある人なら各液体の特徴を知っています

ガソリンは、-40度で気化します

その気体が酸素と共存している場所でライターやマッチで火をつけるとその手元から火がつきます

灯油は、40度で気化します。

布などに染み込ませたら別ですが、液体のままだと火はつきません

皿に灯油を入れ、マッチをそこに入れても火はつきません

ファンヒーターは、噴霧上にして燃やしています

不完全燃焼の時に白い煙(灯油が霧状になったもの)が出るのはそのためです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。