新型コロナについて

厚生労働省の報道発表資料

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/houdou_list_202003.html

ここで現在の状況が把握できます

2020年3月12日付け発表資料より3月11日12時現在の統計

PCR検査を実施した人数が9195人-内8643人が陰性-内552人が陽性

陽性反応が出た人の数、552人-無症状60名

この中には、既に退院した人15名、入院して陽性反応が消えるまで病院内に待機している人もいます

数週間したらかなりの数が退院されるのではないでしょうか


有症状者492名-内治療を終え、退院した者88名

残り392名も重症者以外は、数週間もすれば、回復し体に抗体ができ、陰性になり退院すると思います

春節の頃に中国人が大量に日本を訪れ、北海道の雪祭りや屋形船などで感染をひろげた。

その人たちからうつされた人がさらにうつす。

今は、そこでうまく止まって制御されていると思います。

14日という目安を考えると、3月中旬には、一気に退院数が増えると思います


クルーズ船の方々の状況は(3月10日18時の状況)

こちらも順調に治って退院されている方が多数おられます

日本国内の県別の状況

1人とか2人の県が多い。

マスコミは、日本地図を塗りつぶし恐怖心をかなり煽っています

現実は、かなり制御できていると思います


ワクチン開発もかなり進んでいるようです

3月11日の発表資料

新型コロナウイルスに対するワクチン開発を進めます(第3報)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10126.html

ワクチンに関して参考になるページがあります

日経バイオテクONLINE

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/09/06663/

タイトルは

新型コロナウイルス、「克服」までの道は既に見えている

この中で、

また、新型コロナウイルスに対するワクチンの開発も着実に進んでいる。新型コロナウイルスが話題となり始めたのは2019年12月からだ。その後、中国の研究チームは、2020年1月中旬には新型コロナウイルスのゲノム情報を解読・公表している。こうした情報を基に、米Moderna社は新型コロナウイルスに対するワクチンの臨床試験を始めたと2月24日に公表した。ゲノムの解読からわずか40日余りでワクチンの検証段階までこぎ着けた。

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/02/26/06610/

2020年3月19日の厚生労働省のHPで

新型コロナウイルスに対するワクチン開発を進めます(第4報)

ここに前述の

・Moderna社(米国)、米国国立アレルギー感染症研究所(NIAID)

もリストされています


以前のSARSの時、ゲノム解析に約5カ月

国立感染症研究所(感染研)などの資料によると、SARSの感染者が確認されたのは、2002年11月だった。その後2003年4月にはSARSコロナウイルス(SARS-CoV)の全ゲノムが解読されたとみられる。その後もSARS-CoVの研究が進められたが、WHOを中心に各国が協力し隔離や検疫が徹底された結果、治療法が確立しないまま、2003年7月には終息宣言が出された。

技術の進歩のおかげでゲノム解析が既に終えられていて、ワクチンもすでに臨床試験段階


なぜ、イタリアで患者が多いのか?

高級バックブランド以外のバックメーカーのほとんどが中国人経営らしい

その会社が、イタリア北部に集中。

春節でそこに訪れた中国人観光者がばらまいた可能性が高い

テレビを見ていると、現地にいる日本人妻のレポートでは、イタリアでは、マスクをしているひとが少ない。電車の中で、かなりひどい咳をしていても気にしない。レストランで並んでいる

おおらかなんでしょうね。


ワクチン開発

https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/

4月か5月にワクチンができれば、五輪も開けるんじゃないかな

そう悲観すべき状況ではないと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です