エアコン内にカビが生えるのはなぜ?

エアコン内に熱交換器というものがあります。
別名「冷却フィン」。

エアコンのフィルターを外すとこのフィンが見えます。
このフィンの中に導管が無数に通っています。

表面は熱効率が良いように薄い金属のものが組合わさっています。

冷房の場合は、ここが冷やされます。
室内の空気がこの冷やされた熱交換器のフィンの間を通り冷やされた空気になって室内に注がれる。
暖房はこの逆。

湿気のある暖かい部屋に、冷たい氷入りのコップを置いたらどうなるでしょうか?

同じ事がエアコン内の熱交換器(フィン)の表面でおきています。
ダイキンの場合、ストリーマという電気ショックでその水分中に含まれるかもしれないカビ菌などをやっつけてくれます。
他にもこの熱交換器部分の素材に抗菌もしています。
親水性を良くしてほこりと水分と一緒に下に流れやすくもしています。

エアコンが動いている間は良いでしょう。

問題は止まった後。
程よい水分。温度。エアコンを止めてからがカビ菌達のゴールデンタイムです。

良く節電などと言ってマメにエアコンを付けたり切ったりする人がいます。
または少し付けて、ある程度冷えたら数時間後にまた付ける。
これよくないです。
例えれば。
洗い立ての洗濯物を外に干す。
生乾き状態のまま、10分ほどしてから霧吹きで再び濡らし室内に入れる。
その1時間後くらいに再び外に30分くらい干す。
霧吹きでその洗濯物を濡らし、また閉め切った室内に戻し。
これと同じ事をしている事になります。
ダイキンの人が言っていました。
同じ年数使っていてもエアコンの中が真っ黒の人と、とてもきれいな人もいる。
その違いはフィンに付着した水分の蒸発頻度の違い。

ダイキンは「ストリーマ」で電気ショックを与えるので日中に付着したカビは気にする事はないでしょう。

ダイキンには便利な機能があります。
「ストリーマ内部クリーン」
単独で。または停止してから勝手に働く。
ストリーマでプラズマ放電しながらフィンに付いた水分、エアコン内部に残った水分を送風で乾かしてくれます。

就寝時にエアコンの停止。自動で内部クリーン機能が働きます。
それから2時間から3時間かけて送風のみで乾燥してくれます。
停止すると勝手に働くので、まめにエアコンを入り切りする人にも有効。
気になる電気代は1回2-3時間も動くのに2円から3円。

買った当初は停止してから3時間近く動きっぱなしなので電気代を気にしてその機能を使っていませんでした。でも改めて、送風を使っているので電気代がほとんどかからない事が分かったので常時使っています。

ダイキンを中心に書きましたが、他のメーカーにも同様の機能があるはずです。
説明書を読み、問い合わせしてみるのも良いと思います。

エアコンの掃除

エアコンのフィルター。
最近は自動掃除機能がついています。
しかし、室内のホコリには油っ気もある。
それを吸い込んだエアコンのフィルターの事を考えると。
なのでシーズンオフには必ず食器用中性洗剤できれいに洗います。

フィンについたホコリが湿気とともに水受けドレンにたまり外に排出されていきます。
しかし、水に濡れたホコリがその道筋に溜まり、やがて水が対流し室内機からぽたぽたと滴り落ちてきます。
コップの中の水をつーってたらすように落ちてきた事もあります。
どうしたら良いのか?
「ドレンクリーナー」というものがあります。

マックオリジナル エアコンドレンクリーナー MACPUMP 1型 ラバーカップ無し サクション…/マック・インターナショナル

¥2,800
Amazon.co.jp

うちの場合。
面倒なので掃除機の先と外にあるドレンの先をガムテープでつなぎ密着。
吸い出しました。
スイッチを入れ、一瞬で切ります。
念のためサイクロン式のゴミ受け部にティッシュを数枚入れておきます。
吸い込み力は落ちますが、モーター内に水が入る事を考えたらちょうど良い吸い込み力の減力だと思います。
紙パック式ならある程度ゴミがたまった交換間際の状態で使うと良いとおもいます。
面白いように黒い液体とホコリの固まりが流れ出てきます。
エアコンが壊れないか?
エアコン側のドレンの先は、密閉されてるわけではない。正常な状態はスムーズに空気が行き来出来るはずです。
なので気にしません。

パナソニック製のエアコンの自動ごみ取り機能はフィルター上を横移動してほこりを吸い取り専用のホースを伝って外に排出する仕組み。
そのほこりが外にうまく排出しなかったり、油が付着したほこりだったとしたら詰まりやすいと思いますよ。

もう一つ。
エアコン上部のフィン部分にぽつんとあるほこり。
どうするか。
いくつか選択肢があります。
1.ホームセンターなどでエアコン用の掃除スプレーで上から吹き付けエアコン内部に流し込みドレンホースから排出させる。
2.エアーダスターで上から下にほこりを散らす。
3.スプレーで上から水をふきつけ下に水と一緒に流す。
4.掃除機で吸い取る。

1から3はエアコン内部にほこりを入れるのでやりたくない。
ダイキンは、フィンの表面を加工してフィンに付着した水と一緒にフィンに付着したほこりも流してしまう機能がある。
「セルフウォッシュ熱交換器」「クリアコート熱交換器」
でもこれは静電効果で付着するような微細なほこり。

4の掃除機で吸い取る。
上部のフィンに届くような掃除機の先に取り付ける便利なものが無い。
狭い、格子が邪魔、そんな理由でうまく吸い取れない。
フィンは、金属なんだけど柔らかく曲がりやすい。

手にガムテープを巻き付けてフェザータッチで軽くたたくようにほこりを取る。
この方法を考えましたが、ダイキンからは
「コーテイングがはがれる事も考えられお勧め出来ません」と言われました。
有効な先端部をかなり探しましたが今ひとつ。
A4の紙を筒状にして掃除機の先端にガムテープで取り付ける?
掃除機の圧で紙がすぐにぺしゃんこ。

ようやく最適なもの発見。
ホームセンターで切り売りしてくれるホース。
柔らかくて細い透明なホース売ってます。

これを掃除機の先端にガムテープで無理やり接続させる。
かなりの吸引力です。
フィンに接触する前にゴミを根こそぎ吸い取ってくれます。

この方法、意外なメリットがあります。
窓のサンの狭いところ。キーボードのすきま。
いろいろ使えます。

おすすめです。

追記
店に新しいエアコン導入。
その時に見た同封されていた「据付説明書」
それを見ると簡単に全面グリルの取り外し方が書いてある。
下の方にあるネジを数本はずし、上部の引っかけを外せば、ぱかっと取り外せる。
ネットで調べると動画も出ているし、ダイキンからその説明書もダウンロード出来る。
通常は、取り付け工事の人のためのものなので回収されるようです。
自分で簡単に出来ます。

てぬぐい

7月7日のNHKあさイチで「てぬぐい」の事を取り上げていました。
「再発見!手ぬぐいの魅力」
そこで取材されていた店
http://www.kamawanu.co.jp/shop/daikanyama.html

店内の様子を見ると沢山のてぬぐい。
テーブルには2年間使用し続けたてぬぐいと新品のてぬぐいが比較として並べられていました。
2年間使い続けているその「てぬぐい」。
とてもいい味を出している。

店員さんが言っていましたが使い続けるうちに柔らかくなっていくそうです。

ほつれた糸は、飛び出している縦糸だけちょっと切るだけ。
数ミリ内側にほつれていくようですがやがておさまっていくそうです。
ほつれた部分もだいじだそうで、そこから水分が逃げていくのでとても乾燥が早い。
何度も洗えてとても丈夫。
たたむと小さくなるからバックに入れておくのも良し。

調べると「てぬぐい」と「メイク落とし」でヒット。

メイク落としでクレンジングして洗顔料で顔を洗ってと化粧をした後の洗顔は大変ですが、手ぬぐい洗顔をすることで一度で済みます。
手ぬぐいは日本人の肌になじみやすく目が細やかで、目の粗いタオルやガーゼと違って肌を傷めません。またお風呂のときにも全身ケアできてしまう優れもの。
また固形石鹸と手ぬぐいだけで全身ケアできるので経済的です。
その目の細かさや質感が日本人の肌に合っています。

縫製されていないので、乾きやすく雑菌などが溜まりにくいのも特徴

毎日、手ぬぐいで洗うことで、肌に透明感が戻りツルツルになり肌がきめ細やかに、毛穴の余分な角質が落ち、肌のくすみが改善され、肌が若々しくなり、化粧水などの吸収もよくなります。

洗顔石鹸でごしごし洗うだけで済ませていた男性にもおすすめです。

手ぬぐいは目が細かく、石鹸の泡もきめ細かくなります。
手ぬぐいの細かな目はなでるだけでしっかり化粧を落とし、
きめ細やかな石鹸の泡がしっかりと皮脂汚れなどを落としてくれます。

http://hitosoudan.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

非常に丈夫なので安い買い物だと思います。
普段家で使っている貰い物の白いタオル。
そこから一歩抜け出してお気に入りの「てぬぐい」を自分のお金で購入し使い続ける。
そんな贅沢が心のゆとりなんだと思います。

友人の秋吉屋。彼が大手市場で出しているお店の写真です。
http://www.akiyoshiya.com

市民プラザ前で毎月第4日曜日に「越中大手市場」
http://www.ooteichiba.com

「手ぬぐいや」というお店を出しています。
http://www.ooteichiba.com/お店紹介/手ぬぐいや/

いままで気に留めていなかった「てぬぐい」という世界に進んでみようと思います。
普段使いの気軽な世界なんですけどね。

ハスキー三脚

ハスキーの3段2脚持っています。
そのうち1脚のネジ穴を壊してしまいました。

今回は、その修理に関してです。

うっかりと雲台部分のネジ穴を壊してしまいました。
ハスキーは、部品表が用意されていて修理が可能。
料金も明解です。

アマゾンやヨドバシで自分で取り寄せ直す事も可能です。

今回の交換部分は雲台部分のH-1。

この部品だけ買えれば良いと思いました。
しかし、部品表を見ると「H-1/S」という見慣れない文字が。

何に使うのか分からないので修理してくれるトヨ商事に電話で質問。
雲台のH-1には、全部で3週類あるようです。
所有しているものは、雲台部のH-1に直接ねじがきってあるもの。
現在は、雲台H-1の中央のねじ穴にこのH-1/Sを入れ込んでいるようです。

どう修理するか?
結局、所有している雲台H-1のネジ穴部分をドリルなどで広げ、H-1/Sをはめ込む改造という形の修理をお願いしました。
コルクのシートは、ドリルを使う時に邪魔なので貼り直ししてもらいました。
同時にねじも金色の真鍮性に変更。

もし同じようにネジ穴が故障したなら、次からは雲台の下部からH-1/Sをたたき出し(ドライバーを差し込み軽くたたけば押し出てくると思う)自分で交換可能だと思う。
ねじもコルクシートもH-1/Sも個人で取り寄せ可能です。
以下に比較の写真を載せます。
昔の雲台。

改造後(修理)の雲台部分

写真を撮るため、もう一つの昔のタイプのねじを雲台から外そうとしたのですが、うまく外せません。
おそらくねじが馬鹿になっている可能性があります。
このようなH-1/Sを差し込む仕様になったのもネジ穴の故障が多発しているからなのかも。

今回の修理代。
H-1/S シュー挿入   2000円
H-3  カメラ止めネジ 1000円
H-2 シキ皮      500円
工賃、送料      3000円
合計        6500円
税込み        7020円

ギリシャ

昔見た、世界ふれあい街歩きの「ギリシャ」の回。
ここでのワンポイント講座で公務員の事を説明していました。

改めて確認するとびっくりです。

1.労働人口の4人に1人が公務員

2.人口の1割弱が公務員

3.公務員の給料は民間の1.5倍から2倍。

4.手当などの加算で基本給の3倍になる事もある。

5.公務員の年金は?
現役で働いていた頃とほぼ同額を受け取っている

6.年金は50代から支給される

7.本人が死亡した場合、妻だけでなく未婚、離婚した娘も引き継ぐ事が出来る

8.その勤務時間
7時30分から13時まで。

9.世界ふれあい街歩きでも言っていましたが、ギリシャの人は昼に家に帰ってご飯を長い時間をかけて食べる。

10.シエスタ(昼寝)という習慣があり、午後2時頃に家に帰って4時まで昼寝。
官庁や会社では夏は7時に仕事が始まり14時には終わる
13時~16時の間にシエスタ(昼寝)を取る習慣があり、個人商店や小さいレストランは、閉まっていることが多い。

破綻しますよねこんな国。

勤勉なドイツ人からすると同じEUにギリシャがいる事自体が許せないかも。
国民投票をするという事は、そんな怠け者の国民に踏み絵を踏ませるのと同じ事。

変な国。