ながら運転

罰則

【携帯電話やスマホを運転中に使用した違反(保持)】

違反点数は、1点から3点に

反則金は、普通車で6000円から18000円に

【携帯電話やスマホの「ながら運転」が、交通事故などの危険に結びついた場合】

3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金でしたが、

改正後は、1年以下の懲役、または30万円以下の罰金

違反点数は、2点から6点にアップ。つまり一発免停ということに


ながら運転をして捕まったドライバーが、

「自分は絶対に使用していない」と言い張った場合

警察の回答

「その場合、あくまでも一般論としてですが、携帯電話の着信歴、発信歴を確認します。スマホの場合には、LINEやメールなどの送信、着信などの使用歴、アクセス時間などもその対象です。こうした確認を行ったうえで説明をしますが、それでも最後まで否認する場合には、否認のまま違反切符を作成します」


 電話での会話については、走行中でも基本的にハンズフリーにしておけばOKです。

 またイヤホンやヘッドセットなどは、両耳がふさがっていてはダメですが、片耳ならOKです


・車を停止させているときであれば、携帯電話やスマホ等の使用は基本的には違反ではありません。


「車載のカーナビやホルダーに固定したスマホを触ってもよいのか?」

「2秒以上画面を見続けるとアウト」

1秒か、2秒かを警察が外から見極めるのは、現実には難しいと思います

実際には、手に持って何かをしている、耳に当てて通話をしているなどが摘発対象なのかな。

コメントを残す