ようやく手元にバッファローのキーボードが届きました。
キータッチなどは全く問題有りません。
コマンドボタンの幅が少し狭いのでコピーペーストなどは最初戸惑いましたが、なれれば問題ないでしょう。
パラレルズを使い、winでパワーポイントを使用してみました。
通常使うには全く問題ありません。

問題が一つ。
キーボード自体はMac用に作られているので問題有りませんが、
ファンクションキーの割り当てなどが違います。

同梱されていたドライバーCDは、OS10.4.1以降と書いてあったのですが、10.9.5には、対応していません。
なので「Fn」キーが使えません。
Fnキー、普段は、音声キーしか使用しません。
輝度は、モニターに付いている機能を使っています。

使えないのは「Fn」キーだけなので不便は全く感じないのですが、なにか気持ちがよくないです。
使うにあたり致命的な事でもないのでスルーです。

メーカーに聞きましたが、対応するドライバーを出すかどうか分からないようです。

カテゴリー: Mac

コメントを残す