チョコレート(カカオ70%以上)

NHKのあさイチで気になる特集

「代謝の”下り坂”にストップ! 賢く代謝を上げるには」

年齢を重ねると急激に下がり始める代謝の効率。すると体に過剰な脂肪が蓄積され、高血圧や動脈硬化などを引き起こしやすく深刻な病気になるリスクが高まってしまいます。そこで今回は、代謝の要となる肝臓に注目。高カカオチョコレートを毎日少しずつ食べる、簡単・お手軽な肝臓ケアの方法をご紹介。また、日々の何気ない動きを代謝アップにつなげる体操についてもお伝えしました。

 

ここで取り上げているカカオ70%以上のチョコレート

肝機能改善

ポリフェノールの含有量が高い

食物繊維が非常に高い

脂肪肝にも効く

 

食べ方は、1日25gほどでまとめて食べるのでなくこまめに分けて食べるのが効果的

 

調べてみました。

カカオ70%とかいてある市販品がたくさん出ています。

なんとか安くて続くものがないか

森永からは

カレドショコラ

101gで21枚入り

ヨドバシで356円

1kgだと3524円

 

他にも明治やロッテなど様々なメーカーから、たくさん商品が出ています。

個人的なお気に入りは、

不二家のピーナッツチョコレート(カカオ70%) 152g

ヨドバシで送料無料で540円。ポイント10%還元されるので

486円ですね

1kgで3192円。

 

なぜ1kgあたりを表示しているのか?

1kg単位で買えばもっと安い70%以上のカカオを含んだチョコレートが安く手に入るからです。

アマゾンで「カカオ70%」で検索。22件ヒット。

業務用 VANHOUTEN (バンホーテン) NEW エキストラダークチョコレート カカオ70% 1kg

2660円

コメントの中に「甘めなので」

少し心配だった、加工するための砂糖を含まない素材?の疑問は払拭。

◇原産国(製造国) 日本(群馬県高崎市) バリーカレボージャパン 群馬工場

なので安心

他には

2608円

こちらも国産。324件のコメントがあり高評価。

「製菓用として購入したのですが、そのまま食べるのが一番おいしくて製菓材料として使う前に食べきってしまいました。
甘すぎず苦すぎずで口どけよく味も良く値段も安い」

こんなコメントもあり

保存方法について大東カカオさんに問い合わせをしました

回答が

「ご質問の件、チョコレートの保存でございますが弊社では28度以下の直射日光をさけた冷暗所での保存をお勧めしております。冷暗所とは、湿度が低く、室温もあまり高くない場所となります。冷蔵庫に入れた場合、保管時チョコレートに含まれますココアバターが表面に固まりチョコレート自体が白くみえますファットブルームを起こしやすくなったり、、
冷蔵庫から出した際の温度差により結露が発生し、砂糖が固まりシュガーブルームを起こし、触感が悪くなる場合があるためです。しかしながらブルームが起りましたら、一度溶かして、テンパリングを取っていただきご使用いただければ問題ございません。。冷蔵庫、常温 どちらで保管するにも、におい移りの少ない包材(製品が入っている包材他)で密閉をお願いいたします。
※常温で保管していても、保管状況によりブルームは発生する場合がございますが、賞味期限内でしたらそのまま食べても問題はございません。」

 

オススメです

 

数の子の保存

正月に食べる数の子。

塩漬け数の子についての保存方法について書きます

冷蔵状態で180日間保存可能と書いて有ります。

冷凍の間違いでは?と思いネットで調べると

 

全国水産加工組合連合会

塩数の子は一度凍結すると、包んでいた膜が破れてしまい、独特の歯ごたえが失われてしまいますので、凍結させないよう注意が必要です。市販の塩数の子は-15℃以下で保存すると凍結してしまう恐れがありますので、外気に触れないようラップや容器に入れて0~-10℃程度で冷蔵すれば長期間保存できます。

また、塩抜きしたものは、凍結せず冷蔵庫に入れて早めにお召し上がりください。

 

他にも

 

冷凍保存も悪くはないのですが、どうしても味が落ちてしまいますし、卵が破裂してしまったりすることもあるので、あまりオススメしません。

実際、私も大量の数の子を食べきることができず、冷凍していたら卵がバラバラになってしまっていて、せっかくの食感も台無しでした…。

また、常温保存は傷むのが早くなってしまったりするので、適していません。

数の子の保存方法としては、冷蔵保存が1番オススメの保存方法になります。

 

ただしこれは、塩抜き前のこと。

塩抜き後は、1週間以内に食べなければいけないそうです。

 

母に教えると「今まで冷凍してた」とのこと。

 

年末近くに購入し、正月まで冷凍保存している家庭は以外と多いのでは?

 

教えてあげましょう!

富士フイルムプロフェッショナルサービス(FPS)(プロスト記事あり)

富士フイルム”Xシリーズ”を使用するプロフェッショナルフォトグラファーのための会員制サポートサービス。

https://my.fujifilm.jp/fps/

 

審査がありますが、FUJIのカメラを使って写真を撮ることを生業としている人なら入れます。

 

幾つかのサービスがあります

 

修理代替機の貸出

購入前検討機

修理割引

他いろいろ

 

Xシリーズは、ボディ価格がキャノン、ニコン、ソニーより安いし、レンズも安い。

なので修理よりも買い替え、買い増しの選択肢もあります。

X-T1もX-T2も現役で使えます。

説明書がなくても使えるカメラ。

 

APS-Cがどうしても嫌でフルサイズが好きな人は、フジを選びません。

フジで撮った写真とフルサイズで撮った写真。

予備知識無しに写真だけを見比べ違いがわかる人がどれだけいるのか?

焦点距離1.5倍のメリットの方が大きいです。

 

フジにもプロスト呼ばれる会員専用のカメラストラップが用意されています。

先日、新しいものが送られて来ました。

比較とメモも兼ねてここにアップしておきます

短くなって、紐部分がかなり長くなりました。

 

刺繍、素材、厚み、幅、かなり改良されています。

幅が太くなって厚みも増したのに、前のものより柔らかくしなやかに感じます。

ストラップリングが硬くねじ込めないので、ニコン巻きと呼ばれるプロスト巻きができない。

なので「熱収縮チューブ」をセットしてドライヤーの熱で収縮。

上の写真のようにしました。

 

 

ビールの注ぎ方

TBS系列の番組「ゲンバビト」

2018年8月26日(日)で

真夏のビール〜おいしさに隠された努力〜

ここで紹介されたビールの注ぎ方。

 

サントリーの営業さん。

シニア樽アドバイザーの方がお店を訪れ、美味しいビールの注ぎ方をレクチャーされています。

 

2つの方法でビールを注ぐ

1番目は昔式と呼ばれるやり方

泡を作り、そこから静かに注いで完成。

調べましたが「三段式」と呼ばれるやり方もこれですね。

コップの底に強く注ぎ泡を作る。

落ち着くのを待って、再び注ぎ、完成。

しかし、この営業マンさんのやり方は違います

昔式では、グラスの底にビールを当て、衝撃を与えることで泡を作っていく。これはこれでおいしいのだが、泡が粗くなってしまう。

この営業マンさんのやり方は、味の決め手となるクリーミーな泡ができる注ぎ方。

まずは斜め45度にグラスを傾け、徐々に起こしながらビールを注ぐ。コップの縁から注ぎなるべく泡を出さないように7割ほど注ぐ。

続いてビールの液面近くから泡をのせる

そこからもう少し注いではじめにできた粗い泡を少し取り除いたら完成。

番組では、最初に入れた方法の昔式と、教えた方法を比較して説明しています

並んだ2つのビールに、違いはほとんど感じられない。しかし、前原さんがビールをかき混ぜると、その差は歴然。最初に作った粗い泡のビールは、かき混ぜても特に変化がなかったが、クリーミーな泡の方は、かき混ぜた途端にビールが泡立ちグラスから溢れ出たのだ。

「しっかりと3割クリーミーな泡をのせることで、炭酸ガスを逃がさない」
きめの細かい泡がフタの役割を果たし、旨みを中に閉じ込めているのだそう。

 

店長に実際にビールを飲んでもらう。ぐいっと一口飲んでグラスを戻すと、泡がスローモーションのように蘇ってきた。もう一口飲んでも、泡は全く消えない。これこそが、本当にいいビール。飲み終えたグラスには、1口目、2口目、3口目がしっかり分かるほど、泡でできた線がくっきりと残っていた。これは『エンジェルリング』と呼ばれる、おいしいビールの証。

 

もう一軒訪れ、店長にビールを注いでもらう

ステーキ屋さん

グラスに少しでも油分がついていると、気泡ができてしまうのだという。前原さんが説明のために持参したのは、内側に油のついたグラス。それにビールを注いでみると、理想的な注ぎ方をしても、気泡だらけになってしまった。あまりの違いに店長も驚く。
「ビールにとって油分は大敵。グラスのコンディションが良くないと、粗い泡に変化する」
せっかくのクリーミーな泡が粗い泡になり、旨みが外に逃げてしまうのだそう。

 

ご家庭でグラスに入れる時も参考になりますね

 

加齢臭は、液体洗剤では消えない

ガイアの夜明けで放送していた

「始まる!水革命」

2018年9月4日放送。

そこで取り上げていた「洗濯マグちゃん」

https://magchan.com/products/detail.php?product_id=6

 

純度99.9%のマグネシウムを洗濯機に入れるだけ。

300回ほど使えるので約1年間使用できます。

マグネシウムによってつくられたアルカリイオン水が、洗濯物に付着した油脂分を分解して石鹸化。

なので洗剤を入れなくても洗濯マグちゃんだけで洗濯できるそうです。

しかし、奥さんは洗剤の香りも好きなので併用を希望。

これを作っている松本製作所では、「ランドリーマグちゃん」というマグネシウム100g入りのものも用意しています。

洗濯物5kgにランドリーマグちゃん1個(100g)。

資料によると、洗剤と併用しなくても効果は変わらない

ニオイに関しては、市販の液体洗剤には分解性能が7.3%しかないらしい。

洗剤の持つ香り成分だけでごまかしていることになりますね。

 

洗濯マグちゃんは、中身が50g。

家では、洗濯マグちゃん2個と液体洗剤を併用して使っています。

1個税込み送料無料で1944円。

1年間使えることを考えたら2個併用して、液体洗剤の使用量を半分にして使っても経済的。

 

オススメです。