フィルムシミュレーション2

手元の資料を整理していたらXシリーズのフィルムシミュレーションの役に立ちそうな資料がいくつか見つかりましたので貼ります

Xシリーズに採用されているのは、
ベルビア100(100Fではない)
プロビア100F
アスティア100F
上の表で、色再現性、彩度、階調を比較出来ると思います。

裏面を見ると製品の特徴と分かりやすい分布図。
分布図はだいじなのでさらにアップ。

色については、アスティアがプロビアよりもより忠実なのが分かります。
プロビアは、ナチュラルカラーと表現、より忠実なアスティアは、リアルカラーと表現しています。

階調は、ベルビアは硬く、アスティアは柔らかい事が分かります。
そしてアスティアは、彩度も低い。

手元のアスティアのことを語っている記事を貼ります。
アスティア100Fではなく、その前のアスティア100についての記事です。

なぜ、Xシリーズのフィルムシミュレーションでアスティアのことをソフトというのか。
やわらかいと表現するのか理解出来ると思います。

カメラの標準であるプロビアモードだけでなく、アスティアモードも使う。
プロネガSTDモードもプロネガHiの選択肢もネガの頃のNS160とNH160と同じ。

これらが有るからRaw現像しなくてもjpegのまま使えるカメラなのだと思う。
フィルムシミュレーションのためだけにX-T1を買うのも良いと思います。

先日、お客さんが人物ぶれのスナップ写真を持って来られました。
かなりの年齢なので絞りもシャッターもISO(ASA)感度も理解されています。
X-T1を見せて軽く説明。
感度ダイヤルも、絞りも、シャッターも赤色のAに合わせると全自動。
シャッターダイヤルだけを好きな値に変えて、他はそのままにするとシャッター優先。
「これならば人物ブレは起きませんよ」
即座に理解されました。
店の電気を消して撮影。
ストロボを付けていないのに明るく写っている。
感度は6400まで自動で動くようにしています。フジは高感度に強いのでほとんど高感度ノイズを感じない。
「このまま絞りを変えて、お好みのシャッター値と絞り値で同じように撮影出来ますよ」
この事も即座に理解。
「このカメラで同じように写すときはどうするの?」
ご自分のカメラで同じように撮影したいと言われました。
カメラを観察。
「無理です」
X-T1は、上に書いた3つの事が目に見えています。
しかしお客さんのカメラは、マニュアル的に使おうと思うと、とても面倒。
○a○onです。説明書が横に必要です。その時に理解出来てもすぐに忘れてしまうでしょう。
同じような事が、幼稚園の先生へのアドバイスでもありました。○os ○iss。
消費者が使いやすいカメラが良いのか、消費者が何も考えなくても写るカメラが良いのか?
どちらが使いやすいのでしょう。

X-T1やニコンのDfはその答えを出していると思います。

高専

高専のことを専門学校だと勘違いしている人がいる

正確には
「後期中等教育段階を包含する5年制(商船に関する学科は5年6か月)の高等教育機関」

一般に

初等教育
「小学校」
ISCEDレベル1

前期中等教育
「中学校」
日本の文部科学省では Lower Secondary School(前期中等学校)という表記を用いている。
ISCEDレベル2

後期中等教育
「高等学校」「高校」
日本の高校は、一般にHigh Schoolが用いられることが多いが、これは米国式であり、文部科学省による公式な英語表記で高等学校は「High School」(高等学校)ではなく、「Upper Secondary School」(後期中等学校)となっている。
ISCEDレベル3

高等教育
「大学」「高等専門学校(高専)」
国際標準教育分類(ISCED)ではレベル5以上のものをさす
5年間通って卒業すると準学士。
国立大学3年に編入する道もある。
学内にある専攻科に進み2年通い、学士(大学4年卒業とおなじ)。
そのまま国立大学の大学院に進む人もいる。

高校でもないし、専門学校でもない。
扱いは学生。
夏休みは9月いっぱいあり、10月1日から学校がはじまる。
かなり自由だけど、平気で落第がある。

独立行政法人だけど国立

アゴレフ

毎日見ているブログ
http://kanetomo-photo.jimdo.com/ブログ/
岡山の金友写真店さん。

こちらで以前紹介していた
「ビューティーカーブリフレクター」
上のキーワードでググると金友写真店さんのブログがヒットします。
こちらを参考にしながら自作しました。

完成品がこちらです

サイズは折り畳むと45cm80cm。
広げると45cm160cm。
持ち運びしやすいように作りました。

このアゴレフをお客さんに直接手に持ってもらう。
ちょうど胸の辺りで抱えるように持ってもらうと、あごのしわが目立たなくなり、女の人はきれいに見えます。
カメラのにクリップオンストロボを付け、天井バウンスと組み合わせるとかなりきれいな光になります。
ホームセンターに売っている白のプラダン。
これに100円ショップで売っているアルミシートを張り合わせます。

ストッパーの役割のために一番太い針金を曲げて裏に貼付けています

普段は脚に付けずに携帯出来るようにしています

ついでに30cm角のレフもいくつか作りました。
必要な時にその場でテープで貼り、組み合わせる。

100円ショプには沢山の種類のアルミシートが売っています。
便利ですよ。