車のガラスの撥水剤(追記あり)

いままでフッ素のレインXを使ってきました。

手元の在庫がなくなりそうなので、新しいものを選ぼうと調べました

フッ素ものは、長持ちする。

シリコン系は、フッ素系ほど持たないけど、撥水力が優れている

費用対効果と評判で選んでみました

いつも使っているレインXのフッ素タイプ

ガラコのシリコン系

ガラコのフッ素系

クリーンビューのシリコン&フッソ系

クリンビュー ガラスコート ハイブリッドストロング


アマゾンでの評判は、クリンビュー ガラスコート ハイブリッドストロングが一番良い

you tubeでの比較実験映像でもクリーンビューが良い


値段の比較

デカ丸ガラコ(シリコーン系)

楽天の39ショップ使って送料無料にしたら

120mlで税込777円(100mあたり648円)

6倍耐久フッ素系のガラコ

アマゾンで

70mlで1738円(100mlあたり2482円)

レインXのフッ素系

80mlで982円(100mlあたり1227円)

クリンビューのガラスコート ハイブリッドストロング

シリコンとフッ素がダブルで配合

ヨドバシカメラで

110mlで783円ポイント10%還元なので704円

(100mlあたり640円)


結論は、

クリンビューのガラスコート ハイブリッドストロング

効果の違いは、you tubeで検索して調べてください


ここから追記分

塗り方

クリンビューに聞きました

車のフロントガラスに残っている他社の撥水剤は取ったほうが良いのか?

・フッ素系が塗られているところにシリコン系を塗っても綺麗に乗らないことがある。

・新しく塗る素材が、もともと塗られいる素材を溶かして融和することがある

たとえば、レインX のフッ素系撥水剤が塗られていた場合、そこにフッ素+シリコンのクリンビューのガラスコート ハイブリッドストロングを塗ると、ガラス面に残っていた他社のフッ素を溶かして、混ざり合ってガラス面に定着する可能性があり、性能を発揮できない可能性もある

オススメの塗り方は、油膜取りで綺麗に前の撥水剤を剥がす。

よく乾かしたあと、クリンビューのガラスコート ハイブリッドストロングを塗る。

数ヶ月経って、再び塗る場合。

同じクリンビューのガラスコート ハイブリッドストロングならば

まずガラスを中性洗剤等でよく洗い、油などの不純物を洗い流す。

その後、クリンビューのガラスコート ハイブリッドストロングを塗る。

メーカーが言うには、新しく塗ったクリンビューのガラスコート ハイブリッドストロングが、ガラス面に残っているクリンビューのガラスコート ハイブリッドストロングを溶かし、混ざり合う。

なので同じものを重ね塗りする場合、油膜取りなどで剥がさなくても良い。


油膜取りで実績のあるもの

キイロビン

よく見かけるのがこれ466円

これの上位バージョンでアマゾンで一番売れている油膜取り

プロスタッフ 洗車用品 ガラスクリーナー キイロビン ゴールド 200g 油膜・被膜落とし 従来品の約2倍のスピードで除去 スポンジ付き A-11

582円(ヨドバシならポイント還元引いたら576円)

オススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です