ピーナッツバター

以前、テレビでピーナッツバターが良いと放送していました

ネットから情報を拾ってみます

ピーナッツバターは、乾燥させたピーナッツを炒ってから細かく砕いて、ペースト状になるまですりつぶして練り込んだ加工食品。ちなみにピーナッツバターという名前ですが、乳脂肪分は全く含まれていません。
ピーナッツバターとよく似たものに「ピーナッツクリーム」がありますが、これはピーナッツバターに砂糖や水あめなどの糖類や、クリーム・植物油脂・食塩などで味を調えて、パンに塗りやすくしたものです。調味してあり、ピーナッツバターよりも食べやすくなっているので、こちらの方が馴染みがあるという人も多いかもしれませんね。

ピーナッツバターに含まれている脂肪は、オリーブオイルやアボカドと同じように良質な植物性脂肪。健康に役立つオレイン酸やリノール酸の不飽和脂肪酸が多く含まれています。さらに、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンのビタミン類やミネラル類、食物繊維、タンパク質なども含まれており、ピーナッツはまさに栄養の宝庫です。

先述の通り、ピーナッツバターはオレイン酸やリノール酸、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンを含んでいます。オレイン酸やリノール酸は、血中のLDL(悪玉)コレステロールを低下する働きがあり、動脈硬化を予防することが知られています。また、ビタミンEは抗酸化作用があり、動脈硬化を遅らせる働きがあります。
さらに、エネルギーを効率よく生み出し、筋肉疲労を回復させる効果があると言われるビタミンB1や、皮膚にうるおいを与えるビタミンB2、様々な酵素の補助として働いているナイアシンなども摂取でき、身体の調子を整える栄養素が豊富に含まれているのが魅力です。

美容に良いとされる、抗酸化作用を持つビタミンEは、肌の老化や生活習慣病の原因となる活性酸素の増加を抑える効果があり、「若返りビタミン」とも呼ばれています。

ダイエット中にたくさん摂りたい食物繊維も摂取できるため、便秘解消・腸内環境を整えるの改善・高血圧の予防・コレステロール値を下げるなどの効果にも期待ができますよ。ピーナッツバターは、健康維持や美容や成長期をしっかりとサポートしてくれる頼もしい食品です。

ピーナッツバター100gのうち、タンパク質が25.4g、脂質が50.7g、炭水化物20.5gとなっていますが、ピーナッツは種実類の中でもタンパク質の量が高く、脂質は不飽和脂肪酸です。残りのピーナッツバターの微量栄養素には、ビタミンB6、E、ナイアシン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、胴なども豊富です。このような理由から、ピーナッツやピーナッツバターが健康志向の方におすすめなのです。

ピーナッツバターの成分のうち、最も多いのが脂肪です。ピーナッツバターは脂肪が多いと聞くと、ピーナッツバターを食べれば太るのではないかと思われますが、ピーナッツバターの脂肪は、不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、体にいい働きをします。このピーナッツバターの不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価脂肪酸に分かれます。一価不飽和脂肪酸といえば、血液中の悪玉コレステロール値を下げる効果や効能が期待できるオレイン酸で知られています。ピーナッツバターはこの一価不飽和脂肪酸の割合が高く、ピーナッツバターを摂ることで血液の流れがよくなる効果が期待できるのです。

ピーナッツバターに含まれる成分の中で、注目に値するのがこのタンパク質の量です。ピーナッツバターは、種実類の中でもタンパク質の包含量が高いことで知られ、スポーツに携わる方が積極的に摂るおすすめの食材でもあります。ピーナッツバター20gのうち、タンパク質の割合は5g程度ですが、このピーナッツバターのタンパク質の割合は、納豆1パック(6g程度)、豆腐3分の1丁(5g程度)に匹敵します。ピーナッツバターがタンパク質の宝庫であるとは過言ではありません。

ピーナッツバターに含まれるビタミンEは、抗酸化作用で知られています。抗酸化とは、ネジが錆びたり食べ物が変色したりするような酸化作用を抑えることです。ピーナッツバターを摂ることで、体内の酸化を抑制する働きがあるため、細胞や血管、血液の酸化を防ぐことができます。ピーナッツバターのビタミンEはさまざまな症状、病気や老化を予防する働きがあるとされています。

ビーナッツバターには、ナイアシンと呼ばれるビタミンも多く含まれています。ピーナッツバターに含まれるナイアシンは、エネルギーを作り、糖質や脂質の代謝に働き、炎症や神経症などの症状を防ぐための補酵素として働くビタミンです。このため、ピーナッツバターに含まれるナイアシンが不足すると、精神状態が不安になり、さまざまな心の病に侵されるほか、口内炎や皮膚炎、胃腸障害など、さまざまな症状が現れます。

ピーナッツバターには体に必要なミネラルがたくさん含まれています。体内の水分バランスを調整しているナトリウムやカリウム、骨などを作るカルシウム、多くの酵素を活性化して代謝を促すマグネシウム、血液に働く鉄や銅など、ピーナッツバターに含まれるミネラルは実に豊富です。ピーナッツバターがミネラルの宝庫と呼ばれるには理由があるのです。

日本では比較的甘みをつけてある、いわゆるピーナッツクリームが主流ですが、本場アメリカのピーナッツバターは甘さがほとんどない、塩味がきいたものが主流です。カロリーや脂肪分が気になる、という人は原材料を確認して、ピーナッツクリームではなく、極力混ぜ物の少ないピーナッツバターを選びましょう。


先日取り上げたスキッピーのピーナッツクリーム チャンク

チャンクとは粒のこと

成分は?

高品質のピーナツバターだけを使用した本格派。

アメリカ規格No.1のピーナッツのみを90%以上使用しました。
だからピーナッツ本来の風味が生きています。食欲をそそる香ばしさや、まろやかな口あたりは本物だけがなせる技です。

保存料、添加物を一切使用していません。

スキッピーピーナッツバターには、保存料や添加物は一切含まれていません。品質にこだわる方にも安心して召し上がっていただけます。

高タンパク、コレステロールゼロの健康食品。

ピーナッツはたんぱく質や食物繊維を豊富に摂取できる健康食品。消化がよく、しかもコレステロールはゼロ。ピーナッツのいいところを余すところなく使いました。

ピーナッツの主な成分は約50%の脂質と25%のタンパク質。特に、タンパク質の重要な補給源として古来から親しまれてきました。
また、食物繊維を豊富に含むほか、体のエネルギーを作り出すビタミンB1や、血液の循環をよくするビタミンEなどを多く含んでいます。消化がよく、コレステロールがないヘルシーな食品として本場アメリカはもとより、世界中の人々に愛されています。


スキッピーのHP

http://www.peanutbutter.jpn.com

消費期限、保存方法について書いてあります

SKIPPY®ピーナッツバターは開封する前でも後でも、室温で保存することをおすすめします。冷蔵して風味を長持ちすることもできますが、簡単に塗ることができなくなります。SKIPPY®ピーナッツバターは冷やし過ぎはよくないので、冷凍庫には保存しないでください。

容器に記載された「賞味期限」をご確認の上、その日付までにSKIPPY®ピーナッツバターをお楽しみください。


ピーナッツバターは、多量の油に守られている。水分が少ない。

なので腐りにくい

ペースト状になったおいしいピーナッツバターは、常温で何ヶ月も腐ることなく保存できます

なので開封後も常温で蓋に記載の消費期限までに使い切る方法で大丈夫だと思います

冷蔵庫で保存している人も多い様ですが


コストコで、1.36kgが2個で税込1798円。

ラーメンに、ピーナッツバター チャンクを入れれば、担々麺になるそうです

ボケの元になると言われている「トランス脂肪酸含有量は、0です」

パンにつけるバターやマーガリンの代わりにちょうど良いですよ

おすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です