お好み焼きのソース

週に2回以上。

気がついたらお好み焼き作ってます

キャベツに紅ショウガ、天かすと卵、小麦粉だけの時もあります

大事なのが、ソース。

お好み焼きソースで有名なのが、オタフクソース

何度か使用しましたが、甘すぎる

有名なんですが、甘過ぎます

ネットで調べると同じ意見が多い。

大阪人は、使う人が少ないらしい

ソースの全国シェアを調べました

大阪人に聞いたところ、帰ってきた返事は

「どろソース」

ヒシ梅ソースも使いましたが確かに美味しい。

どろソースは、スーパーで手に入りやすい

地元のスーパー「シマヤ」

ここで売っていたソース

イカリソースさんのソース

とても安い

100円ショップにもイカリソースさんのものがある

オタフクソースほど甘くない。

500mlなのですぐになくなる

業務用が欲しいのでHPを調べる

たくさん種類があって、よくわからないので電話でききました

上に書いた、「おこのみ家」と同じものはない

近いものは、一番右端の「あまからお好みソース」2.1リットル

・和風のあまから味に関西風だしをプラス
・甘味より旨味の強いソースです

アマゾンで、送料込み907円


すすめられたオリバーの「どろソース」

アクセントとしてよく使っています

製造元のオリバーソースに聞きました

こちらもたくさんのお好み焼きソースを出しています

一番左のどろ仕込みお好みソース

どろ3、通常のお好みソース7の割合で混合しているらしいです。


あらためてスーパーシマヤのソース売り場に行ってリサーチ

500mlで税込193円

あまからお好みソース2.1リットルが、907円

おこのみ家を2.1リットルとすると810円

これ買った方が安い。

どろソースを見ると

360gで430円

アマゾンで3本で1085円

いろいろ考えた結果、

おこのみ家にどろソースを加え使用することにしました。


あらためて上の方に添付した全国マップを見ると、

名古屋と大阪は、オリバーソース

オタフクソースは、ランキングで人気だけど、支持されている場所はごく一部

粉もん文化の大阪で支持されている「オリバーソース」「イカリソース」

これの組み合わせにしました

金紋とか、ヘルメスとかヒシ梅とかあるんですが手に入りにくい

お好み焼きやさんの「千房」のソース

金紋ソースさんが作ってます

千房のソース売ってます

商品の説明

「半生タイプのソース」とは少し酸味のある完成手前の状態に仕上げたソースで、熱を加えるとその酸味が取れ、熱々のお好み焼にソースをかけた時にお好み焼に合ったちょうど良い甘みになるように計算して造ったこだわりのソースです。通常サイズの500ml入りです。ご家庭で専門店のお好み焼ソースをぜひご賞味下さい。 最後の決め手は、特製ソース「千房 お好み焼ソース」でグレードアップできます。


ここでソースメーカーの特徴を書いています

ソースの世界は深い。

味を比べる贅沢も良いかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です