電波時計の電波受信

日本に2箇所ある標準電波送信所。

日本ではJJYと呼ばれる日本標準時を送信する無線局が1999年に福島県「おおたかどや山」(周波数40kHz)に開設され、2年後の2001年には佐賀県と福岡県の県境にある「はがね山」(周波数60kHz)にも西日本地域への電波の安定供給ならびに補完を目的に設置され、国産メーカー各社より電波時計が相次いで発売されることになりました。

標準電波送信所からはほぼ24時間常時電波を送信し続けていますので、受信はいつでも可能です。

しかし、建物の中に電波時計があるとなかなか受信成功しない。

そこで便利なソフト。

ソフトを立ち上げて音声信号を出力するだけ。

使用方法は、イヤホンを接続し、最大音量

シチズンの電波時計なんですが、はじめうまくいかず。

何度か試しているとHighで受信。

無料ソフトなのでぜひ。

コメントを残す