貴乃花

学校で歴史を学ぶ時。

例えば二二六事件。

教科書では、ほんの数行で説明される。

実際には、簡単に言葉で説明できないような事柄や感情など複雑だったに違いない。

 

数十年後、今回のことを相撲界で語られる時。

どう語られるのか?

日本のことを知らないアメリカ人にどう説明するのか?

 

横綱が土俵の外で道具を使って他の力士に怪我を負わせ引退。

警察に訴えた被害を受けた側の力士の責任者が、降格処分された。

 

例えば学校。

ある生徒が、放課後、どこかの繁華街で同じ学校の下級生をバッドで殴って頭の中を縫うほどの怪我を負わせた。

その担任が、校長に言えば内々にされると思って先に警察に届けた。

 

力士は一人一人が個人事業主。

体を使って給料を稼いでいる身。

 

競輪選手。

一台100万円を超える自転車を使って賞金を稼いで家族を養っている。

その競輪選手同士が、外で道具を使って頭を縫うほどの怪我を負わせた。

その選手が怪我を負ったせいで不戦勝となりお金を多く稼ぐことができるかもしれない。

これを競輪協会内だけの処分で外に知らせないで良いのだろうか?

 

今回、貴乃花が騒いだせいで横綱が外で暴力を振るって相手を怪我させたら即引退という基準ができた。

 

貴乃花部屋の力士が暴力事件を起こした。

付け人が貴公俊の取組の際に土俵下へ向かうように伝えるタイミングが遅れたため、審判部に怒られ動揺し、負けた。腹が立って付き人をみんなの前で3発殴った。

ケガの具合について「顔も腫れてないし、口の中がちょっと切れた程度」。貴乃花親方は「大丈夫か? 医者にいかなくてもいいか?」と付け人を心配したが、付け人は「そんなんと違います」「ちょっと切りました」「僕が悪いんです」と主張したという。

 

今回の暴力事件は、相撲でのこと。

日馬富士の事件は、相撲とは違う外でのお酒の席でのこと。

 

貴乃花は弟子の不祥事により一切言い訳をせずとにかく謝罪。

 

結果、一番下の平になった。

母から昔言われた言葉。

人が道にゴミを捨てたから自分も捨てる。

そうしたらあなたは、その人と同じ人間になる。注意する資格はない。人は人、自分は自分。

 

貴乃花はブレてない。

相撲以外の場で道具を使って他の部屋の力士に頭を縫うほどの怪我を負わせたから警察に届けた。

同じ部屋内での暴力事件を協会に報告し謝罪した。

この2つは同じでない。暴力事件としてひとくくりにしてはいけない。

後者のことも警察に届けていたら相撲界などなくなってしまう。

 

年寄り総会では、貴乃花を首にしろ、貴公俊も引退などの強い言葉が出たそうだ。

 

相撲界から暴力は、なくならない。

体をぶつけ合って命を削って戦っている格闘家。

その最中は、アドレナリンがでてかなりの興奮状態。

我を忘れることもあると思う。

日常生活とは違う特殊な環境。

ある程度の容認も必要だと思う。

貴公俊の件は、こちらに近い。

 

「天に唾を吐く」

《上を向いてつばを吐くと、それがそのまま自分の顔に落ちてくるところから》人に害を与えようとして、かえって自分に災いを招くことのたとえ。

 

これからも発生する相撲界の暴力事件。

決してなくならない。

その時に、貴乃花を責めた親方はどう言い訳するのだろう。

 

コメントを残す