各種ストロボのシャッタースピードテスト(追記あり)

AD200Proが手元にあるので撮影用ストロボのシャッタースピードテストしました。

AD200Pro

2種類のヘッドが付属しています

スピードライトヘッド

フラッシュチューブヘッド

専用のコントローラーを使えばハイスピードシンクロに対応します。

しかし、今回は他社の無線機を使うのでハイスピードシンクロは、無しです

使う無線機は、YONGNUO製 ラジオスレーブ RF-603

使うカメラのシンクロ速度の上限は1/250

AD200Proのスピードライトヘッド

1/200

1/250

1/320

カメラのX接点通りの結果


AD200Proでのフラッシュチューブヘッド

1/100

1/125

1/160

1/200

1/250

1/320

1/160から影響が出始めました


ついでなので幾つかテスト

プロペットのモノブロック

1/100

1/125

1/160

1/200

1/250

1/320

1/160くらいから影響が出始めています


プロペットの電源部に集合用ヘッドH-215Qを繋ぎ、テスト

1/100

1/125

1/160

1/200

これも1/160くらいから下の方からうっすらと影響が出始めます


純正ストロボのハイスピードシンクロFPをOFFにしてテスト

1/250

1/320

1/400

カメラは、X接点が1/250。しかし1/320まではOKのようです


ハイスピードシンクロONにしてテスト

1/250

1/320

1/400

1/640

1/1000

1/2000

X接点の1/250を超えてもFPだから大丈夫

本来なら、X接点を超えるとだんだんと光量が減っていきます

しかし、実験では1/250も1/2000もほぼおなじ。

不思議です


集合写真用のシャッタースピードは、以前に同様のテストをして、

1/100を使うようにしています。

AD200Proでは、

フラッシュチューブヘッドはモノブロックと同じようなシャッタ速度で

スピードライトヘッドでは、クリップオンストロボと同様のシャッタースピードを使用可能なことがわかりました。


追記します

FP(ハイスピードシンクロ)でのテスト

ISO200、絞りf16、室内光OFFで壁に白い紙を貼り、再びテスト。

常識で考えると1/250から1/500にするとストロボ光は、蹴られずに減光するはずです

結果は、変わらず上の画像と同じ。

では、同じ条件で白い紙でなく実際の壁に向けて実験

1/125

1/250

1/500

1/1000

1/2000

白い紙だから変な結果になったようです。

コメントを残す